トルソー


東京営業所勤務の御年100歳のトルソー(♀)です。
僕との付き合いはまだ5年くらいですが…笑
70コ上の大先輩なんで扱いにはかなり気を使いますが、

この年代のインダストリアルな機能美って
効率化された現代にはない手の掛かりようというか
当時の技術力での限界点を手作業の感覚に
頼っていたからこその微妙なズレというか
このトルソーを見ていると中途半端な復刻なんて恥ずかしくなります。

紡績にしても染色にしても織布にしても
本当に再現するなら、当時のハードを使わないとあの味は絶対出せません。
昔のムラが多い糸を再現しようとしてムラ糸を作るのと
一生懸命まっすぐな糸を作ろうとしたけどムラが出てしまった…
この差は絶対に埋まらないと思います。

いよいよ次のステージに上がる時なのかもしれません…

なーんて 笑
想像ばかりしてしまうこのトルソー
とにかく見ていて飽きないんです。
まるで生きてるような…
とにかくベッピンさんです。