3月11日2時46分

東京事務所で地震に遭いました。

すさまじい揺れで道路は液体のようにぐにゃぐにゃ波打ち、

事務所の前に立ってるセルリアンタワーがあり得ない位しなっているのを見上げながら、

「ついに東京に大地震が来たか…」と本気で死ぬかもと思いました。

その後、メディアで被災地の惨状を知り驚きました。

相次ぐ余震・原発問題など不安材料は山積み状態…

相手は自然・・・人間がどうこう出来る相手ではありません。

語弊があるかもしれませんが、サーフィン始めてから自然に感情は無いと学びました。

人間は自然に生かされてる。生きさせてもらってる。そう思っています。

今はただ、自分たちに出来る事をする。それだけだと思います。

それが救援活動でも避難でも募金でも節電でも

日本の経済活動を止めないように一生懸命働くことでも。

何もしないで何かしようとする人を不謹慎だの迷惑だの批判したり、

不安材料を煽るばかりの人達よりよっぽどね。

岡山に帰って、仲間の顔を見た瞬間心の底から思った事は、

「今日生きてる事に感謝、今を楽しく生きよう!」 でした。

言葉足らずですが、本音です。

地震で犠牲になられた方々に哀悼の意を捧げるとともに、

被災に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。